企画立案ミーティング 1回目

こんにちわ!
こうちゃんです!

9月25日は長期プログラムにおける企画立案ミーティングでした。
今回の企画立案ミーティングで遂に2010年度ユースACTプログラムが本格始動しました!!

ユースACT長期プログラムでは
うずらの里児童館より
5人の高校生が参加してくれました♪

AM10:00 プログラム開始
まずはオリエンテーションとして誕生日順に自己紹介
*名前とあだ名
*学校
*今の自分を「物」に例えると
を紙に書いてもらい発表!

IMG_3816small.gif


これで高校生・大学生スタッフ共に
少しは緊張もほぐれたかな?
どうやったんやろ(^_^;)?

次に企画を作っていくための下準備。
高校生に「○○(ひと・まち)にこうなってほしい!」
という思いを書いて、発表してもらいました。
現役高校生の「自転車置き場が少ない」「マナーが悪い」「別世代との交流場所がほしい」「京都に住みやすい街になってほしい」
などと言った熱い思いを聞いて
私たち大学生スタッフも
「今の高校生は京都のひとやまちについてこう思っているんだ。」
ということが知れて、とてもよかったと思います。

IMG_3833small.gif

お昼休憩をはさみ
続いて企画のターゲットを定める段階に入ります。
ここでは自分たちの企画を
「どんな人のためにしたいのか?」「どんな人としたいのか?」
ということを話し合いました。
そして「京都って自転車走りにくいよね」「子供、高齢者、障害者にとって、もっと住みよい街になってほしい!」
という意見から今回は
「自転車乗り、子供、高齢者、障害者」
を対象とした企画作りを進めるとこに決まりました♪♪

企画作りはまだまだ続きます。
ターゲットが決まったところで
では「ターゲットのニーズは?」「自分たちのできること(強み)は?」
ということを「企画づくりのヒコーキモデル」にまとめて
企画を作る際の土台づくり的な作業を
高校生、大学生スタッフが協力して行いました。

IMG_3862small.gif

この頃になると高校生と大学生スタッフの間の
「壁」のようなものも徐々にとれてきたように感じたので
すごくいい雰囲気で作業を進められました。

まだ続きます!
次の作業は企画内容のアイディアを出すことです。
今までに決まった「どんな企画にしたい」「ターゲット」「ニーズ」「できること」
をふまえた上で高校生同士で話し合い
いろいろなアイディアを出してもらいながら
それを一つの企画にしていくということをしました。

ここでは主に高校生が主体的に話し合いをしてもらい
それを大学生スタッフが見守りながら
話が詰まったら、アドバイスを与えたりして
チームがいい企画を作るために一つになっていたように感じました。

とりあえず今回の企画立案ミーティングでは
「自転車が走りやすい道と子供、高齢者、障害者でも安全な道をマップにする」
という方向性で進めるということが決まりました。

そしていよいよ1回目の企画立案ミーティングも佳境を向かえます。
企画書を書くという作業です。
6W3Hシートと呼ばれるものに
決まったことを書きこんでいくのですが
この作業は最後まで終わらなかったので
次回のミーティングに持ち越すことになりました。

IMG_3926small.gif

そして最後に1回目の企画立案ミーティングの振り返りをして終えました。

僕個人の意見としては
初対面の人もいる中で
高校生があれだけ積極的に企画を考えてくれたので
すごくいい時間になったのではないかと思います。

これからこの企画が
どう変化し、どんな企画になるかは
まだわからないことですが
このチームなら
きっと素晴らしい企画になることだろうなと感じています☆

これからも精いっぱい頑張っていきましょう!!


こうちゃん(幸前祐哉)




posted at 2010年09月28日 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | これまでの活動>'10長期実践コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。