「僕らの目線で語る、石巻。」実施しました!

9月25日、このブログでもお知らせしていた「Tohoku-Kansai Exchange Program」の報告会を実施しました。

これは、昨年ユースACTプログラムにかかわった高校生や大学生を中心とするメンバーが
宮城県石巻市での支援活動に参加したプログラムで、現地の中高生と交流しつつ
中高生の生の声を届けるための「駅前インタビュー企画」や、
仮設住宅の集会所でのコミュニティづくりの活動などに取り組んだものです。


IMG_1913.JPG
まずは、高校生による開会あいさつからスタ―ト!

IMG_1928.JPG
つづいて、取り組みの全体像について高校生/大学生メンバーから報告。
石巻、兵庫、京都の若者との交流、まちあるきなどを行った2日間の「神戸プログラム」、
被災地の視察、インタビュー企画、仮設住宅集会所での活動(預かり保育、灯篭づくり、鍋パーティー、京都のお茶屋さんなど)を
行った「石巻プログラム」で取り組んだ内容について触れました。

IMG_1925.JPG
この日は、現地でお世話になった「石巻復興支援ネットワーク」代表の兼子佳恵さんにもお越しいただきました!

IMG_0650.JPG
続いて、小グループに分かれてのセッション。
短時間ずつでしたが、活動する中でそれぞれが感じたこと、学んだことに迫っていきました。

お越しいただいた皆さん、ありがとうございました!

※会場でも上映した、「インタビュー企画」動画はこちらで見ることができます。

posted at 2011年10月13日 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | これまでの活動>'11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。