震災コース実施しました!

こんにちは。
学生スタッフの山口貴宜(たか)です。

震災コース実施が終わりました!

10日のWSでは、新たに参加してくれた高校生と一緒にお手伝い先の避難者の方へ、「お手伝い以外で何ができるか」を考えました。
避難者の方が身体が悪く、近所に頼れる方がいないということで、「いつでも僕らを頼って」という思いを込めたサプライズプレゼントを用意しました。
その際に、京都でどのような支援があるのか、避難者の現状はどのようなものかを、今まで震災支援活動をしてきたスタッフの実感から話し、「どんなことをすれば喜んで貰えるか」をしっかり相手のことを考えてプレゼントを考えました。

12日のお手伝いは、引っ越し屋さんが適当に配置したレイアウトから、相手の生活に合ったレイアウトに変えたり、足りない物を設置したりしました。最後にみんなで写真をとりサプライズプレゼントに組み込み、避難者の方にプレゼントしました。
避難者の方はとても喜んで下さり、「いつでも遊びにきてね」、「終電なくなったときは泊まりにおいで」とこれからも関係が続くような言葉をかけてくれました。
お手伝い後の振り返りでは、参加した高校生も「困っている人たちのことをこれからも考えなきゃいけない」と気持ちを一新する言葉を残しました。
javascript:;
posted at 2012年03月15日 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | これまでの活動>'11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/257814751
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。